« “うつ病”吉沢悠「梅干し味しか分からない」 | トップページ | ハン・ヘジン 日本を語る »

2007年9月 7日 (金)

ヤクザを演じたチョ・インソンの本音は「実は喧嘩が弱いんです」

"『バリでの出来事』などこれまで出演したドラマでの優しいイメージから一転、短い髪、汚い言葉遣いで強面のヤクザ・ビョンドゥを演じたチョ・インソンだが、「喧嘩がマジで弱いんです。あんなに人を殴ったのは初めて…」と、役柄とは正反対という実情を吐露。また、本作についても「単純なヤクザ映画ではありません。誰もが経験する人生の切なさがドラマチックに描かれています」と、その魅力を語ってくれた。インタビューの全文は、シネマぴあにて掲載しており、チョ・インソンの生写真を1名様にプレゼントする企画もある。 " お宝流出画像はこちら

|

« “うつ病”吉沢悠「梅干し味しか分からない」 | トップページ | ハン・ヘジン 日本を語る »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

  • (2007.12.28)
  • (2007.12.28)
  • (2007.12.27)
  • (2007.12.27)
  • (2007.12.27)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/429233/7840227

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクザを演じたチョ・インソンの本音は「実は喧嘩が弱いんです」:

« “うつ病”吉沢悠「梅干し味しか分からない」 | トップページ | ハン・ヘジン 日本を語る »